Blog

最新記事

最新コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

月別アーカイブ: 2012年6月

早めの夏休みいただきます。

更科青色さん
7月1日~7月17日まで
早めの夏休みをいただく事に相成りました。
そういうわけでプレイ予約は7月18日以降でどうぞよろしく。

カテゴリ: Blog, お知らせ | 投稿日: 2012年6月27日

たまにはオチの無い話

もう消してしまった前のブログにも書いたことがあるのですが、
更科さんの愛読書のご案内です。
ラフィク・シャミ『夜の語り部』
夜の語り部
この本に出会ったのは大学生のときでした。
今だから言える事ですが…、
レポート提出の為だけに急いで神保町の書泉グランデで探して、
自分では読まずに買ったその足で恩師
「先生、この本読んで2000字以上でミヒャエル・エンデと比較した論文書いて」
と、あろうことか恩師にゴーストライターを頼み、
その裏で私は課長バカ一代という漫画が
どれだけ素晴らしいかという論文を2000字で書いていたというのも、
今となっては良い思い出であります。
課長バカ一代
ちなみに課長バカ一代を褒め称えた論文は無事にパスして
恩師が書いてくれた論文は無駄になりました。
先生、悪徳に染めるだけ染めて昇華出来ずごめんね。
でもその悪徳を提案してくれたのは紛れもない先生でしたね。
世渡りの一種を教えてくれてありがとう。Ich liebe Lehrer!

要するにドイツ児童文学比較論文は単位取れなかった(笑)
それは恩師が悪いのではなく、
授業に一回も出ないで論文だけ提出して、
マンガイチ単位取得できたらラッキー♪
くらいに考えていた私に全面的に非があります。
そんなワケで私にとって『夜の語り部』は、
後ろめたくもないんだけど(なりふり構わず卒業に必死だったから)
なんとなく『本棚の奥底コーナー』に入れてしまいました。
マトモに読んだのは奇跡的に大学卒業出来てから2年後ほど経ってからでしょうか。
本棚から「今読みたい気分の本」が、どーしても見当たらなくて、
本棚に頭突っ込んだら『夜の語り部』が出てきたので読んでみました。
うーん。
一回、読み終わった後から死ぬまで私の愛読書になること必定と感じましたね。
ファンタジー文学、子供向けの話だとは思ってはいけない本でした。
自分が生まれる前のシリアの政治情勢、リアルな生活を、なんとかなんとか高校生のときの世界史の授業のみで培ったヘタレ知識で補って想像しなければならなかったし、まろやかな文体だけど書いてある内容は暗黒小説と並ぶくらい、救いが無かったりする描写もある。
幻想ではなく現実を突き付けられた気分になります。
私は大学生のとき、大学生を辞めたくて辞めたくて辞めたくて辞めたくて仕方なかったのです。
辞めればよかったんだけど、辞める事も出来ないほど気力が無かったんですね。
何かを「辞める」という作業も思いのほかエネルギー使うし(笑)
そんな感じで大学生活は良い思い出が殆ど無いのですが、(学校よりSMクラブの方が休まなかったと思う)
この本と作者の存在を知れたことだけでも、行ってよかったのかな、と今なら思えます。
というオチの無い話でございました。
えーと、何が言いたいかと言うと、ラフィク・シャミの本は、そのくらい
「性」とかけ離れた次元で私の琴線に触れるのでございます
平易に言うとトリップ出来るのです。
(文庫化されればいいのに。ハードカバーは旅には重いです。)
でも人気ない本は文庫化されないのが出版業界の掟。
スポンジ野郎
課長バカ一代についての論文は
「この見せゴマが素晴らしい!」って事をメインに書いた覚えがある。。。

カテゴリ: Blog, 乱読書 | 投稿日: 2012年6月20日

市場占有率No.1(多分)

レオタードフェチとレオタードフェチプレイをしました。
市場占有率No.1(多分)
具体的には
自分が女性に生まれていたら
こういう外見になりたいと思う人にレオタードを着てもらって
それを凝視する。
そんなことがメインのプレイですね。
だから私は着せ替え人形役になるのです。
それがメインなんだけど、一応射精行為はある。
レオタードフェチ独特の射精の仕方だけど。
しかしこのレオタードフェチの一番面白いところは
何でもビジネス論に繋げるところ。
彼が差し出したレオタードの袋がチャコットのだったので
今自分が履いているストッキングもチャコットのであること
だからほぼ全身チャコットになる旨を伝えた所
「レオタードなんて売ってる会社、そんなにないじゃないですか。
だからおそらくここ(チャコットの事)がシェアNo.1ですよ。」

バレエ・ダンス用品の総合メーカー チャコット株式会社

http://www.chacott-jp.com/j/

と、返されたので
画像左下に写ってるローション(made by 中島化学産業株式会社)
「貴方の大好きなこのローションもおそらくシェアNo.1だよ」
という事を教えて差し上げました。
信頼の品質とブランド ローション・ペペ

http://www.pepee.net/index.html

…しかし、ローションはwebsiteを開いた途端
シェアNo.1信頼のブランド力
と、ドドーンと伝えてくるのに対して
チャコットは大人しいですね。
訴求対象の違いの差ですね。きっと。

続きを読む

カテゴリ: Blog, フェチプレイ | 投稿日: 2012年6月14日

合理的なのが好きです。

ヘタクソ
最近のプレイ後の自分撮り。
鏡が無いと全身撮れないです。
自分向けに変更すると、近すぎてますますヘタクソになります。
だから、勘でノールックで撮ってます。
足元
そういう理由で部分撮り。
この日は下半身に対する衣装リクエストが特に無かったので
オールスルーの黒色ストッキング。
私はガーターベルトでとめるタイプのストッキングより、
パンストの方が好きです。
(なのでこの日プレイしたマゾ氏、ありがとう。)
もしくはガーター一体型のパンスト。
サスペンダーストッキングと言われるもの。
合理的
この合理主義の総本山のようなストッキング
大好きです。

ガーターベルトの色気は理解できるんだけど
装着に手間と時間がかかるのが苦手。
自分が慣れてないだけだけかもしれないけど。
こう言う事を言うと
マゾに手伝わせれば良いのでは?
と思う方もいらっしゃるでしょうが…
世の中、然うは烏賊の金玉ってな~モンですよ。
(女王様ならわかってくれそう)
実際は装着のさせ方がよくわかんなくて
ガーターが捻くれたり、ストッキング伝線させたり…
最終的には
「…私には出来ません」
と、さじを投げるお手伝い願望持ちのマゾに、
今まで何人会ったかな?(笑)

カテゴリ: Blog, SM関連の雑記 | 投稿日: 2012年6月13日

SHUT UP!!!

いや~すみませんね。更科さん。殆ど急にお呼び出ししたような形になってしまって。あ、コーヒー飲みます?飲みますよね。
ト:ここでコーヒーを頼む電話をフロントにかける。
すみませーん。ホットコーヒー2つください。…はい…はい…。ふー。もうすぐ来ます。いや~、もうやんなっちゃいますよ。仕事忙しくて。でもね、仕事の方は6月過ぎたらちょっとはマシになると思うんです。そしたらまたゆっくりと。今日は時間も短くてすみませんね、ホントに。仕事だけじゃなくて○○の方も大変で、この歳になってこんなことになるとは思いませんでしたよ。○○の方は○○○○○○○○に囲まれて、カルチャーショックですよ。みんな○○に興味無いみたいなんですよ。信じられない。別にブサイクとかそういうわけでもないのに。やっぱり前に更科さんがメールで言ってたように平均をとっても意味が無い時代なんですかね。で、ですね…ピーチクパーチクべらべらベラベラ…
…中略…
更科さんとはこれまで色々やってきたけど、自分が本当のマゾかどうかわからないんです。ここで提案なんですけど、奴隷擬似体験をしてみたいんです。でも体に痕がつくようなことはできないんです。
体に跡がつくこと以外なら絶対服従というやつで今日はひとつお願いしたいのですが…。
「本当に?」
はい。本当です。
「…なら、黙って」
………。
「これから10分間、何があろうと喋らないで。
口枷しないけど声も出さないで。
私が話しかけても答えないで。
拘束もしないけど何があろうと動かないで。」

表情を消す試み
私のやることがや表情が見えるとすぐにでもベラベラ喋り始めそうなので
私のプレイスーツを被せて、見えなくさせました。
で、10分間だけ絶対服従状態にしたのですが
体に跡がつくようなことは…
いや、ちょっとやったけど数十分でおさまる程度にとどめました。
似非マゾ曰く
この日のプレイが私としたプレイの中で一番怖かったそうな。
何がハードプレイか、何がソフトプレイかは、人によって異なる。
という好例のようなプレイでした。

カテゴリ: Blog, Playの話 | 投稿日: 2012年6月9日

スマートフォン版Webサイトを見る