Blog

最新記事

最新コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

月別アーカイブ: 2014年11月

マゾを甘やかしたくなるとき

『月に一回は青色様にもとに馳せ参じたいですぅ〜♡』

 

勝手に奴隷

 

と言っていたマゾが夏は全然来なかったのです。

 

(画像はタトゥーシールで自ら勝手に「奴隷」と書いてたマゾの太もも)

 

別に私は自分の好きなタイミングで来るがよいと思ってるんだけど

 

自らやたら『月一!月一!』と叫んでいたので

夏は一番嫌いな季節と話していたし、夏はSMお休みなのかな、とか、

薄ぼんやり考えていたんだけど、

前回会ったときに来れなかった理由を話してくれました。

 

『愛犬が死んで…』

(+家庭の事情その他諸々)

 

その一言を聴いた瞬間、猛烈にそのマゾを甘やかしたくなりました。

 

希望されない限り甘やかすとか発想に無いワタクシなのですが

 

飼ってたペットが死んだマゾに限っては話は別!

 

何故なら私も未だに数年前に死んだ実家の犬の事を忘れられないからです。

 

甘やかし一例

↑私にとっての甘やかしプレイの一例

(顔面騎乗しながらコンドームつけて性器をぎゅうぎゅうに縛ってます)

あとはスーパー快楽前立腺責めをやったかな?

 

このマゾは嘘を言ったわけじゃないと思うけど

私に単純に優しくされたいマゾは

 

「最近愛犬が死んで…」

 

ってつぶやいてみるといいかも。

演技力が要求されますが(笑)

 

 

 

理々佳様との3P

そーいえば去年の年末は

月野理々佳女王様とのダブルプレイならぬ3P祭りが凄かった〜☆

 

というわけで今更UP

 

理々佳様の御手

ドン!

(乳首を責めてるのは理々佳様の御手で御座います)

 

 

とても楽しそうな理々佳様

ドドン!

(楽しそうにエロく顔面騎乗責めしていらしゃいます)

あ、勃起したモノにハイヒールをかけて遊んでるのは私です…。

 

 

船乗りではない

ドドドン!

(理々佳様の御手の行方に注目! なのですが、モザイク処理を施している為、

マゾ心を研ぎ澄ませて心の目で良く見て下さい

 

 

写真撮ってない3P(ダブルプレイ)もあったな〜。

 

:::::::::::::::::::::::::::::

 

 

ちなみに私が一番忘れられない理々佳様のセリフがあります。

 

 

3Pを終え、歌舞伎町の道をマゾと理々佳様と3人で歩いていた時の事。

 

路上で喧嘩している人達がいたのです。

 

女1人に男2人かな?

 

痴情のもつれか女の取り合いと思いきや

 

歌舞伎町だし男の取り合いという可能性も捨てきれないな…

 

とぼんやり思いながら喧嘩の光景を眺めて現場を通り過ぎた後

 

理々佳様はこう仰いました。

 

 

「私達みたいに

仲良く3人ですればいいのに…」

 

 

 

3要素くらいが原因で未だに忘れられない(笑)

 

 

カテゴリ: Blog, Playの話, Wプレイ | 投稿日: 2014年11月26日

ハサミ命

ハサミ命

む〜。。。

 

理々佳先生のようにはまだうまくできないけど

ストレッチフィルムで巻き巻きした上に

顔面もオール全身ボンデージテープで巻いてみました。

肩らへんがまだ下手だな〜。

練習台求ム。

 

ちなみにベッドの上にのってるハサミ。

 

このプレイはハサミがないと、

とんでもなく面倒くさい事態に発展する可能性があるので

とても重要なのです。

私は面倒くさいことが苦手なので。

 

まあ、他にもあんなことやこんなことをするために必要なのですが。。

 

ハサミを発明した人、ありがとう。

 

ハサミが無かったらラッピングプレイ…終了時が想像するだけで大変そう。

 

 

 

 

カテゴリ: Blog, Playの話, ラッピング | 投稿日: 2014年11月20日

近況心境報告(あ〜ヤりたい)

はてさてマゾの皆さん、マゾでない皆さんもこんにちは。

 

久しぶりに「更科青色と愉快なマゾの仲間たち」のプレイ報告記ではない

自己満足オナニー文章イキまーす⤴︎

 

推敲の時間無いからとりとめなくダラダラ書きますし誤字脱字だらけになるかもだけどお許しを。

 

ん〜。。何から書くか。そうそう11月18日火曜日の22時〜朝まで

私のサードプレイス、場所は渋谷の幡ヶ谷にあるイベントスペースforestlimit

その日のDJの音に合わせて本気でテキトーに踊りながら縛るというユルユルな緊縛パフォーマンスをブチかましま~す♪

詳細→http://forestlimit.com/fl/?p=7376

 

…っていう告知をしたいわけではなくてですね

 

なんでプレイ派の私がそんなことわざわざやるかって事をお伝えしたいのです。

 

前にDVDに出た時、某マゾに

 

「庶民的な女王様であったはずの青色さんが遠くに行ってしまうようでさみしい」

 

とかなんとか言われたんだけど

(言い方が失礼なマゾだねw ま、それくらい『更科青色』は親しみやすいキャラではあるけどね)

 

そのマゾからしてみれば

 

「インディーズの売れてない時からファンだったのにメジャーになってから遠い存在に感じるバンド」

 

のように更科青色のことが映るんだろうけど、

 

悪いけど更科青色は

三枝日菜子時代からずっと人気者です!

 

もう、自分で言っちゃうけど(爆)

 

 

嗚呼〜、そんなこと言いたいんじゃなくて、何処にも遠くに行かないしせいぜい出張プレイでも九州とか北海道とかで日本にいるし、ほとんど東京でしかも新宿区、渋谷区、世田谷区あたりの音の鳴る酒場を徘徊するのが関の山だし、突然、港区、中央区、千代田区あたりでシロガネーゼになってオホホとかしないし〜〜〜〜〜〜!(なったら報告します)

 

って、ハイ、遠くっていうのは場所のことじゃないことくらいわかってるのですが。

 

わからなくもないんだけど、私が密室でのプレイ以外の事をすると

 

・もう、青色さんとはプレイできないんじゃないか?

 

・SM活動がプレイ以外になってしまうのじゃないだろうか?

 

という不安を抱くマゾが幾人かいると思うので

その人達に向けてこの記事書いてます。

 

そういったマゾ達がなぜ不安を抱くか。

 

それはもともとプレイ派だった女王様がメイン活動場所を

SM BAR(お酒)に転向したり、SMクラブやバーの経営側にまわったり、ショーやDVD出演をメインの活動に移す例をたくさん見てるからだよね。

 

『密室で一対一で会うことが難しくなるのではないか』という不安。

 

その点に関しては心配ご無用です。

 

何故なら私の課外活動は全て

 

『密室で一対一で行われるSMプレイ』

 

を、より充実させる為の行為に他ならないからです。

 

私が自分の身体と心が保つ限りやり続けたいことは『密室で一対一で行われるSMプレイ』

 

それを細く長く自分が飽きずに懲りずにやり続ける為に他の刺激を投入したいのですよ。

 

そして私のもとに来てくれるマゾ達に新しい刺激を還元したいのです

 

なので9月10月、ローペースだったんだけど、

全ては将来の『密室で一対一で行われるSMプレイ』への根回しに忙しかったのデス。

 

で、そんなことしてたら12月も課外活動の予定があって…(汗)

 

来年1月も、もしかしたらやるかも〜。。。

 

 

……………………………………。

 

 

『密室で一対一で行われるSMプレイ』したーい!!!

 

 

ので、11月22日〜12月18日の期間

 

は、根回し一旦休憩して、SMプレイ欲でムラムラしてると思うのでマゾの方、宜しく〜。

 

 

無い物ねだり、以上。

 

 

 

 

 

「化粧をするか顔面騎乗されるか それが問題だ」

「生きるべきか死ぬべきか それが問題だ」

 

というハムレットの名セリフがありますが…

 

 

「化粧をするか顔面騎乗されるか  それが問題だ」

 

ハムレット

 

という問題で悩む局面がある人生もあるのです。

 

画像のマゾは顔面騎乗を取ったので化粧無しの女装。

 

 

メイクした顔に顔面騎乗すると

服の汚れが落ちないんですよ!

 

なのでメイク込みの女装もしたいけど顔面騎乗もされたい強欲マゾは

良く考えて答えを出してね~。

考える人

あんまりいないけどたまにいるから困る(笑)

 

どーしても!という強欲女装マゾには

ペットシーツかティッシュペーパー何枚か重ねた上でやったこともあるんだけど。。

 

なんだかねぇ…

 

「本日はご愁傷様です」

「惜しい方を亡くしました」

「まだ若いのに…」

「あなたぁ!目を開けてぇぇぇ!」

「死んじゃやだよパパー!(号泣)」

 

(脳内BGM:木魚)

 

…そんな感じでどうもイマイチ辛気臭いビジュアルになって、

死んでる人に顔面騎乗してる気になるというか、

私の想像力がそこまで行ってしまうので自分的に大変萎えるのでございます。

 

死人に口無しとはいえその死体、大抵の場合、喋らなくても口にしっかり口紅つけてる。

 

メイクした女装マゾの唇の存在感はとんでもないです、ハイ。

 

 

 

 

スマートフォン版Webサイトを見る