Blog

最新記事

最新コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

月別アーカイブ: 2015年5月

可能です。

テラスというか小さい庭のようなものがある部屋に入ってみました。

野外の真夜

やろうとしたことは野外風の緊縛撮影。

 

だったのだけど、あまりにも暗くてうまく撮れませんでした。

(上の画像はPhotoshopで明るさ調整してなんとか見れるようにしました)

 

諦めて室内へ。

 

室内の真夜

 

彼女はサンダルフェチでサンダルで踏まれるのが好きなので、

ちょっと前まで踏みつけながら撮影していたのですが

そうすると集中力がそれて写真がブレるし、引きの画が撮れないし

使い物にならない率が高まる…

 

って、私はなんでプレイでなく写真の話をしているのでしょうか?

とも思うのだけど、その疑問はいったん脇に置いといて話を続けると、

 

それを回避するためには

サンダル単体でMちゃんを踏みつけてる事にすればいいんだという事に気がつきました。

 

今回の写真のポイントは、『絶対領域に刺さるハイヒール』です。

 

絶対領域にヒール

 

…………………………。

 

 

「プレイ中に私の写真を撮っていただくことは可能ですか?

(青色さんは写ってても写ってなくてもどっちでもいいです)」

 

というご質問をよく頂きますので公にご質問に回答します。

 

もちろん、喜んで、可能です。

 

特に私が入ってなくて良い写真であればあるほど大歓迎です。

 

 

 

カテゴリ: Blog, Playの話, 女装SM | 投稿日: 2015年5月30日

愉しいのは当人達だけ

床

あえて推敲しないで書きまーす。

 

このプレイメイトは山形のマゾで、

いつもは鞭をねだるのにこの日ばかりはガッツリ緊縛して欲しいとの事。

 

おお、そういえば昔は縛りメインのプレイだった。

いつから一本鞭に転向(笑)したんだっけ?

まあ、長く恒常的に変態やってると色々やりたくなるよね〜。

 

 

 

 

カテゴリ: Blog, Playの話 | 投稿日: 2015年5月29日

使用前 使用後

名古屋のSMルームがあるホテルで出張プレイ。

 

マゾは床に這いつくばって

私の履いてるブーツの底を舐めてます(使用前)

使用前

 

もう片方のヒールで背中を容赦なくグリグリ踏みつけ。

使用中

するとどうでしょう!

 

あんなにきめ細やかに見えた背中がご覧の有様です↓(使用後)

使用後

 

巷で見かけるファンデーションの広告の真逆の様なプレイ。。

 

before_after

 

更科青色を使用前の方が、背中、綺麗でしたね(笑)

 

 

:::::::::::::::::::::::::

 

 

このホテルは「ザ・地方都市のラブホテル」といった風貌で

とにかく新鮮だったんだけど

一番の驚きポイントはお会計の仕方でした。

 

変わった支払い方法

壁にこんな設備が埋め込まれてて

 

お金をカプセルに入れてスイッチオン

お茶コーナーの横にあるので

よくわからない新手のコーヒーメーカーのように見えるところに

カプセルがあって、そのカプセルに代金入れてボタン押すと

シュポン!

と、代金を入れたカプセルがダイソンの掃除機並の吸引力で

フロントに吸い込まれていくという寸法。

 

人生におけるラブホテル含有量はわりと高い方だと思うけど

こんなの初めて見たので記念撮影。

 

カテゴリ: Blog, Playの話, SM関連の雑記 | 投稿日: 2015年5月8日

赤黒くないプレイ

赤黒くないプレイなんだけど

画像を赤黒加工したくなるようなプレイ

をしました。

 

こんな色のプレイ

 

……爽やかな初夏のみぎりに季節外れの色合いをお届けして失礼しました。

 

このページをご覧のマゾの皆さん&マゾでない皆さんのますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

(としか書きようがないのが赤黒くないプレイの難点。)

 

 

 

 

 

 

カテゴリ: Blog, Playの話 | 投稿日: 2015年5月7日

組体操ではありません。

組体操ではありません

 

…何が何だかよくわからない人にはよくわからない画像だったら

申し訳ありません。

 

画像のマゾと私の肘の角度の揃い具合から見て

組体操

一見、この組体操の技を正面から見たときの亜種のような印象を受けますが

(私だけ?)

 

上の人の尻が下の人の顔面に無遠慮に乗ってて、

上の人のヒールが下の人の太ももに刺さってるところが、

 

普通の組体操とはちょっと違います。

 

れっきとした

 

「人間スツール」 です。

 

あ、そのあとは「スツール兼、人間灰皿にもなれます!」(目がキラキラ)

というのでなってもらったんだけど

手で灰皿を持つタイプの人間灰皿でした。

 

………………。

首の筋肉と骨だけで私の全体重を支えられるわけなかろうと判断し

(手で脚を支えてもらわないと私は後ろに転倒しそうでした)

 

……プレイミーテングというか、良い情報をタレ込んだというか、

厳密に言うと、私がマゾをそそのかした結果(笑)

舌受け止め型人間灰皿

無事「スツール兼、口で灰を受け止めるタイプの人間灰皿」と相成りました ↑↑↑

 

普通の顔面騎乗

 

最後にまあまあご褒美チックな「呼吸制御し過ぎない顔面騎乗」

 

 

 

 

 

カテゴリ: Blog, Playの話, 顔面騎乗 | 投稿日: 2015年5月6日

スマートフォン版Webサイトを見る