Blog

最新記事

最新コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

『SM原理主義』とはなんぞや?

「自分は昔、SM原理主義者だったんです」

 

「ふーん。それって女性上位のでしょ?」

 

「そうです」

 

 

……こんな感じのSMオタクトークを

 

世界不思議発見の気分で毎週末、女王様めぐりをしている

 

と、豪語するマゾとしてしまった、2016年・夏。

 

 

はてさて、彼の言う「SM原理主義」とはなんぞや???

 

 

全くピンと来ない方へ解説をするとしたら

 

女王様のご意向は絶対。

M男に人権は無い。

・お射精なんて滅相も無い。

・女性に対する敬意、奉仕の精神

 

 

だいたい、こんな感じでしょうか?

 

少なくとも私の中ではそうです。

 

SM原理主義という言葉を聞いて何かピンとくるものがあったM男性の皆さん

間違ってたらご指摘下さい。

 

 

SM原理主義者がSMクラブに通える法定年齢ギリギリ付近から約6年、

SMクラブに通いつめると、SM原理主義者はどうなるか。

 

 

元・SM原理主義者と待ち合わせ場所からホテルへ移動中。

 

 

 

「わ! 今すれ違った人、先月プレイした女王様だ! 

 

 いや〜、新宿っていい街ですね〜!!!」

 

 

 

人間というものは、どうしても変化する生き物らしく、

今はSM原理主義者ではなくなり、もっとゆるんゆるんで、

射精があってもなくてもノリでOKなくらい、プレイの最中に女王様にダメ出しできるくらい、脳みそアッパーなマゾにおなりあそばされたようで、心よりお喜び申し上げます。

 

 

「女王様と奴隷とか言ったところで、どうせ嬢と客の関係じゃないですか!」

 

「僕はストーリープレイってやったことないな!

更科さんが女王様、僕がSMクラブに来た客という設定のストーリープレイをしましょう!」

 

 

 

私は彼と同じような目的(世界不思議発見の気分)でSMの女王様になりたくて

ダメ元でSMクラブに面接に行ったら、ラッキーなことに受かったタイプの人間なので

 

風俗なのに射精したがらない? 何故?

泣きたい? 何故?

そこまでして苦しみたい? 何故?

 

いちいち不思議に思ってた感覚を思い出しました。

 

今はただ、呑めるものなら呑むだけです。(呑めないものもあります)

 

 

そういえば、スレきって半ばヤケクソ気味なんじゃないかと思わせるマゾに、

「更科青色女王様は日本国の法律的区分によると、デリバリーヘルス嬢なんですよ〜」って追い討ちかけるの忘れた。

 

 

 

「女王様と奴隷とか言ったところで、どうせ嬢と客の関係じゃないですか!」

 

 

 

客観性、社会性を捨てきれない、常にどこか冷静なタイプの人間が、SM行為を全くしないって至難の技かもしれない。

 

 

マゾとして将来有望な彼に幸あれ⤴︎⤴︎⤴︎

 

 

 

 

死ぬほどクソ真面目な話をすると

 

「嬢と客」から「女王様と奴隷」への共同幻想を、実際のSMプレイの中で如何に構築するか。

 

が、ポイントだと思うのです。☝︎

 

実践(プレイ)の繰り返しが、いつに間にかウッカリ「調教」となった場合、

 

今や幻想でしかお目にかかれない、女性上位の少々うさんくさいSM原理主義

 

現実でも少しは垣間見ることが出来る気がしなくもないような気がします。。。

 

 

 

 

 

一本鞭、回数決めないとダメなタイプなら400回がお似合いかと存じます。

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

追記

 

元・SM原理主義者のマゾは、

下着を脱ぎたくないし勃起もしないかもしれませんが、それでも構わないですか?

 

って言ってたけど、ノリでしっかり勃起してウッカリ射精して帰って行った⤴︎⤴︎⤴︎

 

 

 

 

 

19歳頃のメンズの性欲の気分を己に憑依させ中〜。

 

 

 

 

 

カテゴリ: Blog, SM関連の雑記, 雑記 | 投稿日: 2016年8月12日

『SM原理主義』とはなんぞや?」への2件のフィードバック

  1. 切通理作

    2016年8月20日 12:02 PM

     心の底では「私は、本当にここに存在するよ」と言ってほしい人間に、「私は架空だよ」とより高度な言葉責めを繰り出しながら「実践」それ自体で観念を吹き飛ばし、「調教されているんだ」という時間を作りだす。素敵なコミュニケーションだと思います。

    1. 更科 青色

      2016年8月21日 3:22 PM

      切通理作さんへ コメントありがとうございます。
      素敵なコミュニケーションかはさておき、私自身がそろそろ幻想に埋没したくなってきただけなのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スマートフォン版Webサイトを見る